パキスタン地震災害へ救急救命士を派遣
 パキスタン地震災害に当消防組合の救急救命士2名が、それぞれ国際緊急援助隊医療チーム1次隊、2次隊としてパキスタン・イスラム共和国へ派遣されました。
 平成17年10月8日(土)日本時間12時50分頃(現地時間8時50分)、パキスタンの首都イスラマバード市北西約95km、深さ約10kmを震源とするマグニチュード7.7の地震が発生しました。
1次隊が災害地へ向かう途中、上空から撮影
倒壊した地元の病院
倒壊した民家
 パキスタン軍報道官によると、この地震による死者は推定約2万人超と発表されました。今後も被害拡大が見込まれ、パキスタン政府は日本政府に対して救助チーム、医療チームの派遣を要請しました。これを受けて日本政府は両チームの派遣を決定しJICA(独立行政法人 国際協力機構)に派遣を指示しました。
 その後、1次隊の活動が終了時期になっても、引き続き現地の医療ニーズが高いことから、日本政府は医療チーム2次隊の派遣を決定、JICAに派遣を指示しました。

11月2日(水)朝日新聞報道によると、パキスタン死者7万3276人、負傷者6万9269人、インド死者1309人
【派遣までの経緯】

【派遣救命士

松阪南消防署 消防司令補 三宅 正浩(45歳)  1次隊 10月10日〜10月23日   
松阪中消防署 消防士長   渡部 歩  (35歳)  2次隊 10月20日〜11月 2日  

【活動状況】

  バタグラム地方は、600村からなる準山岳地帯で日本チームが最初に現地入りしました。小学校のグランドにエアーテントでサイトを建て診療を実施し、隊員の宿舎は中庭に設置しました。診療は外傷が中心でありましたが、徐々に寒さと降雨から子供を中心に肺炎による呼吸器疾患が増えており、急性期の内科疾患へと変化してきました。
※バタグラム:震源地北西約50kmに位置する山間の町

バタグラムの町並み

診療サイト

エアーテント内で受付、バイタルサインの測定を行う三宅・渡部隊員

医師達によるエコー診断

X線撮影を行う技師達

【医療活動終了から帰国】

 1次隊は10月21日、2次隊に引継ぎ診療活動を終えました。滞在中、延べ1115名に対して診察を行いました。
 2次隊は10月30日、日本のNPO組織HuMAに引継ぎ診療活動を終えました。滞在中延べ1144名に対して診療を行いました。
 各隊はバンコク経由で帰国し、成田国際空港で解団式に臨みました。

解団式

2次隊メンバー

【被害状況】

【日本から現地へ】

 1次隊は10月10日、成田国際空港において結団式に臨みバンコク経由でラホール国際空港に到着し、陸路首都イスラマバードへ移動しました。その後、バタグラムへパキスタン軍のヘリコプターで移動しました。
 2次隊は10月20日、成田国際空港において結団式に臨みバンコク経由でカラチ国際空港に到着し、空路首都イスラマバードへ移動しました。その後、バタグラムへマイクロバス2台で移動しました。
※2次隊先遣隊は19日出発、バタグラムへはパキスタン軍のヘリコプターで移動

結団式

へりでバタタグラムへ