平成20年5月2日(金)から3日(土)にかけてサイクロンがミャンマー連邦南部を直撃し、死者78,000人以上、行方不明者56,000人以上、被災者240万人以上の甚大な被害が発生しました(6月1日現在)。
 ミャンマー政府から日本政府に対し医療チームの派遣要請があったことから、日本政府は、JICA国際緊急援助隊医療チームの派遣を決定し、当消防組合は、JICAの要請を受けて救急救命士1名を派遣しました。

【派遣救命士

明和消防署 消防司令 川村  透(48歳) 5月28日(水)〜6月11日(水)     

【活動状況】

  サイクロン被害から3週間余りが過ぎた活動のため、下痢、発熱、神経症状等の慢性疾患が多く急性期災害医療を本来の目的とする日本チームの方向性と少し違った活動となりましたが、最も被害の大きかった地域に入ったことなど診療ニーズは非常に高かった。

診療サイトの設営

エアーテント内で問診、バイタルサインの測定を行う川村隊員

レントゲン検査と薬剤品

【医療活動終了から帰国】

 日本チームは、6月8日(日)ミャンマー側医療スタッフに引継ぎ、診療活動を終えましたが、9日間の活動において、被災者1,202人の診療に当たりました。
 6月10日(火)ヤンゴンを出発し、バンコク経由で翌日11日(水)に帰国し、成田国際空港で解団式に臨みました。

解団式

【被害状況】

【日本から現地へ】

 5月29日(木)午前10時30分、成田国際空港において国際緊急援助隊医療チームのメンバー23名が結団式に臨み、午後0時57分、空路成田を出発しました。
 同チームは、同日午後5時5分、ミャンマー連邦ヤンゴンに到着後、翌日30日(金)午前5時20分、目的地のラブタに向けて出発しました。

結団式

陸路ラブタへ車列移動

ミャンマー連邦サイクロン被害に救急救命士を派遣

群集の整理    

サイクロンの傷跡(強風、高潮)

高潮で客船が座礁