アルジェリア地震派遣概要



 松阪広域消防組合では、2003年5月22日に発生したアルジェリア地震災害に国際緊急援助隊医療チームに登録していた三木淳消防司令補、東出直明消防司令補、両救急救命士をJICA(国際協力事業団)からの要請を受け現地に派遣しました。

被害状況
 アルジェリアでは、2003年5月21日19:43(日本時間22日3:43)、首都アルジェ東方50kmのブーメルデス県の山間部を震源に、マグニチュード6.7の地震が発生、甚大な人的及び物的被害を受けました。
 死者2.162名 負傷者10.000名以上 (2003年5月24日(同25日)現在)

建物のほとんどが全壊し、1階が2階に押し潰された様な壊れ方をした建物が多く見られました。


ゼムリ市内の被災民キャンプ(サッカースタジアム)に診療所を開設しました。


連日200人ほどの患者が診療所を訪れました。(順番待ちをしている被災者たち)


救急救命士は医療調整員として診療の補助を行いました。

被災者の血圧を測る三木団員


被災者に問診をする東出団員